耐震性能の重要性

現在、日本列島の周りには地震を生み出すプレートが複数枚あり、いつ地震が発生するかは予想もできません。万が一、地震が発生したとして、耐震性能が低いと住宅が倒壊する恐れもあります。ご自身・ご家族の暮らしを守るためにも、住宅を診断し、耐震性能を向上させる工事を行なうべきです。

耐震工事をした方がいい建物5選!

no.1

旧耐震基準で建てられた建物

1981年以降、新耐震基準が公布され、建物の耐震基準が大きく変わりました。旧耐震基準で建てられた建物は築年数的にも、耐震基準的にも、多くの不安があることは間違いないです。旧耐震基準で建てられた建物ということが分かった時点で耐震工事を依頼するべきでしょう。

no.2

老朽化が進んでいる建物

建物は足回りや水回りから老朽化が始まりますが、当然、徐々に住宅の耐震性能も弱まっていく一方です。何度もメンテナンスを行っているから大丈夫というご家庭もありますが、見た目に老朽化が現れた場合には、一度、耐震診断をしておくべきでしょう。

no.3

地盤が緩くて弱い建物

建物が丈夫であったとしても、地盤の強度が無ければ倒壊する可能性も少なくありません。しかし、地盤が緩くて弱いからといって、住宅の場所を変えるというのも難しい話です。その場合にも耐震工事を行ない、建物を強化しておく他ないです。

no.4

バランスが不安定な建物

バランスが安定している建物であれば、地震で揺れても倒壊するまでには至りません。ですが、バランスが不安定な建物の場合、重心の揺れで倒壊する可能性もかなり高いです。1階より2階が広いという建物などは地震にも弱いので、耐震工事が必要と言えます。

no.5

1階の強度に不安がある建物

1階部分を店舗や車庫にしているといった理由から、壁を減らしている建物も多いです。壁を減らすということは耐震性能を低くするということと同意義です。たとえ、2階の耐震補強がしっかりされたとしても、耐震工事をしておくべきです。

建物の安全性が向上!耐震補強と株式会社キーマンについて

模型

耐震・土木工事に強い株式会社キーマン

株式会社キーマンは主に耐震補強工事や土木工事を提供している建設会社で、構造物メンテナンスに強いことから多くのご家庭から選ばれています。株式会社キーマンには一級建築士を含め、各種スペシャリストが多数在籍しており、耐震補強工事と土木工事において信頼性が高いと言われています。また、建築物の状況や将来的に応じて、ベストな補強案を考えてくれる柔軟性も兼ね備えており、クライアントからの評価もかなり高いです。住宅の耐震補強工事を依頼するなら、株式会社キーマンがオススメです。

コスト削減を目指せるエスコシステムズ

住宅の耐震性能だけでなく、光熱費も気になるという方はエスコシステムズを利用してみてはいかがでしょうか。エスコシステムズが提供しているサービスには、「光熱費のライフラインにかかる費用を削減するシステム導入」があります。分かりやすく言いますと、省エネ設備に変えて、今までの光熱費よりも安くなるといったものです。他にもエスコシステムズでは、電気工事業において様々なことに精通しており、住宅改善において頼りになることは間違いないです。

アンテナ設置はプロの業者へ依頼する

テレビ環境を整えたいという方の場合、テレビアンテナを購入し、設置するといいでしょう。テレビアンテナ設置は専門業者がオススメです。専門業者ならご購入されたアンテナの種類・メーカーなどから、理想的な設置場所をお客様にお伝えし、設置してくれます。また、専門業者の場合、様々なプラグ、工事にも対応しており、各住宅に合わせて最適な工事を実施してくれます。

[PR]
株式会社キーマンの特徴
メンテナンスのスペシャリスト!

アンテナ取り付けはDIY・業者のどちらがオススメか

DIYで行なうメリット

アンテナ工事をDIYで行なうメリットとしては、費用が最小限に抑えられるということが一つとして挙げられます。また、自分のペースで取り掛かれるというのも利点です。しかし、素人の場合には少し調整が難しいので、ある程度の知識と技術は必要になります。

業者へ依頼するメリット

アンテナ工事を業者に依頼するメリットとしては、取り付けに時間がかからない、アンテナの種類から最適な場所に設置してもらえるということが挙げられます。また、ご自宅の電波状況を理解してから工事を行なうので、快適なテレビ環境が保証できます。

[PR]
エスコシステムズの魅力
特長などを確認しておくことができる